米グーグルは21日(現地時間)、YouTubeの有料版となる「YouTube Red」を発表しました。

YouTube Redは、月額9.99ドル(約1200円)を支払うことで広告の掲載を無くすことができる新たなサービスで、オフラインでの再生やバックグラウンドでの再生ができる機能なども備えいています。

YouTube Redへの登録は、グーグルが同日発表した「YouTube Music」や、先日リリースした「YouTube Gaming」にも適用され、同じアカウントでログインすることにより複数のデバイスからの視聴にも対応します。YouTube Musicは、音楽の視聴に特化したアプリで、ユーザーが選択した曲やアーティスト情報からユーザー好みの音楽を自動で選出し表示するようにパーソナライズしてくれるアプリです。YouTube Redに登録したアカウントを使用することで、YouTube Musicと連携する「Google Play Music」のサービスについても追加料金を支払うことなく使用することが可能になります。

YouTube Redは2016年初めにサービスを開始する予定で、米国ではトライアル版の「try YouTube Red」を1ヶ月無料で10月28日から提供するとのことです。YouTube RedやYouTube Musicなどのサービスを提供する国や地域については、順次拡大していくとしています。

グーグルは、今回発表された月額有料版と併せてこれらサービスを引き続き無料で提供していくことも明らかにしています。

広告を掲載しないサービスの開始により、YouTubeで収益を得ていたクリエイター(いわゆるユーチューバー)たちにどのような影響があるのかも気になるところです。動画投稿者によっては1本の動画の中に頻繁に動画広告を挟むものもあり、動画広告の多さや長さから視聴を敬遠するユーザーや不満を多く抱いていたユーザーもいたことが推察されます。オフライン視聴なども含め、YouTubeのヘビーユーザーにとっては朗報となりそうです。

[Google]