「Huawei Watch」、10月16日に日本でも発売 -本日予約開始

ファーウェイ・ジャパンは1日、同社初となるAndroid Wear搭載スマートウォッチ「Huawei Watch」を日本でも10月16日から発売すると発表しました。

huawei-watch

Huawei Watchは、今年3月にすでに登場が発表されていた端末で、9月に開催されたIFA 2015で公開され海外ではすでに販売が開始されています(過去記事)。

Huawei Watchのスペックは以下の通りです。

OSAndroid Wear 1.3
ディスプレイ1.4インチ 400×400 AMOLEDディスプレイ
液晶保護サファイアクリスタル 
SoCクアルコム 1.2GHz 32-bit クアッドコア Snapdragon 400
RAM512MB
ストレージ4GB
ワイヤレスBluetooth 4.0 / 4.1
センサー加速度計
ジャイロスコープ
心拍センサー
気圧計

Huawei Watchは、Android搭載端末だけではなく、iOS 8.2以上を搭載したiOSデバイスとの連携も可能になっています。

スマートフォンの各種通知の確認や音声入力など他のスマートウォッチと同等の機能を備えています。また、Huawei Watchに搭載しているセンサーにより、身体の管理が可能になり、健康やスポーツをサポートする機能も搭載しています。

ファーウェイが特にこだわったというデザインは、従来の腕時計と比較しても遜色ない作りとなっており、発表時から注目を集めていました。他メーカーのスマートウォッチも含めてまとめた記事(過去記事)がありますので、詳しくはそちらをご覧ください

国内では、ファーウェイの公式「V モール」楽天市場店やアマゾンといったオンラインストアのほか、ビッグカメラグループやヨドバシカメラといった実店舗での取り扱いも開始されます。価格は税・送料込みの4万9464円から。

一部店舗では本日から予約受付が開始されています。

[ファーウェイ]

ソーシャルシェア

コメント投稿