「iPhone 6s」シリーズ、早くも多くの不具合発生が報告されている模様

9to5Macは30日(現地時間)、先日発売されたばかりの「iPhone 6s」シリーズにおいて、多くのユーザーから幾つかの不具合の発生が報告されていることを伝えています。

iPhone-6s

先日、偉大な記録を樹立することに成功したばかりのiPhone 6sシリーズですが(過去記事)、早くも幾つかの不具合の発生が、米アップルの公式Webサイト内に設けられているサポートページにおいて報告されています。

今回発生が報告された不具合は、大きく分けて全部で4つ。まず1つ目は「ホームボタンの不具合」になりますが、これはホームボタンが異様に熱くなり、しばらくの間操作を受け付けなくなるというものです。

そして2つ目が、「電源(バッテリー)の不具合」となります。報告によると、一部の個体において、バッテリー残量が残っているにも関わらず突然iPhone本体の電源が落ちてしまう上に、再び起動させるのが困難な状態に陥るという現象が発生しているとのこと。

記事6.2

さらには、「スピーカーの不具合」も報告されていますが、これはiPhone 6sシリーズのスピーカーを介して発される音が大きく歪んでしまうほか、通知音などが異様な大きさで再生されるという不具合になります。

そして今回報告された最後の不具合となるのが、「3D Touchの不具合」。どうやら一部個体においては、新たに実装されたタッチ検知技術3D Touchが正常に動作しない不具合が発生しているものの、これに関しては本体をリセットすることで解消される可能性が高い模様です。

記事6.3

発熱問題の遠因の1つに「A9」プロセッサの存在も?

なお、非常に高性能かつ魅力的な端末として華々しいデビューを飾ったiPhone 6sおよびiPhone 6s Plusですが、既に先日には「発熱問題」の発生も指摘されており(過去記事)、今回の一連の報告を含めてその先行きには暗雲が垂れ込めることとなりました。

今後のファームウェアアップデートや「iOS 9.1」へのアップデートなどを通じて、無事すべての問題が解決されることを願うばかりですが、不具合の中にはソフトウェアではなくハードウェアに起因するものが存在している可能性も否定できません。今後のアップルの対応と対策に期待したいところです。

[Apple[1][2][3] via 9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿