「BlackBerry Priv」、4K動画撮影に対応 ―64bit SoC搭載も判明

N4BBは5日(現地時間)、BlackBerry初のAndroidスマートフォン「BlackBerry Priv」が、4K(3840×2160)動画撮影をサポートしていることが判明したと伝えています。

記事38.2

動画の撮影設定一覧に「4K / 30fps」の選択肢がある

先日、BlackBerryのCEOジョン・チェン氏が直々にその存在を明らかにしたBlackBerry Privでしたが(過去記事)、詳細なスペックや発売スケジュールなどについての発表はありませんでした。

しかし今回、N4BBが公開したBlackBerry Privの実機を捉えたハンズオン画像により、同端末のメインカメラには約1800万画素センサーが搭載され4K動画撮影にも対応し、SoCには64bitプロセッサが採用されていることが明らかになりました。

記事38.4

メインカメラモジュールに「18 MEGAPIXEL(1800万画素)」の文字を確認

また、先日のチェン氏の発言によると、5.5インチのディスプレイと「Snapdragon」シリーズのSoCが採用されるほか、非常に優れたセキュリティ機能が実装されているとのことです。なお以前には、「Snapdragon 808」が搭載される可能性も指摘されています(過去記事)。

なお、BlackBerry Privは年内の発売が予測されており、近日中にも詳細が明らかにされる見通しです。「BlackBerry OS」の開発を通じて培われてきたセキュリティ技術は、セキュリティ面での脆弱性がしばしば指摘される「Android OS」をどこまで安全にできるのでしょうか。BlackBerryの新たな挑戦に大きな注目が集まります。

[N4BB via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿