米マイクロソフト、「Lumia 950 / 950 XL」発表

米マイクロソフトは6日(現地時間)、「Windows 10 Mobile」搭載スマートフォン「Lumia 950」および「Lumia 950 XL」を正式に発表しました。

記事44.2

今回、ついにマイクロソフトが次世代フラッグシップモデルとしてLumia 950およびLumia 950 XLを発表し、その詳細を明らかにしました。 以下は両端末の主なスペックと特徴。

Lumia 950

記事44.4

OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5.2インチ WQHD(2560×1440)OLEDディスプレイ(564ppi)
SoCQualcomm 64-bit ヘキサコア Snapdragon 808(水冷式)
RAM3GB
ストレージ32GB
メインカメラ約2000万画素 PureViewカメラ(トリプルLEDフラッシュ・OIS)
フロントカメラ約500万画素 広角カメラ
バッテリー3000mAh(※着脱可能)
その他虹彩認証用赤外線センサー(Windows Hello 対応)
microSDカードスロット
ワイヤレス給電機能(Qi規格準拠)
急速充電機能
USB Type-Cポート
カラーバリエーションマットホワイト
マットブラック

Lumia 950 XL

記事44.3

OSWindows 10 Mobile
ディスプレイ5.7インチ WQHD(2560×1440)OLEDディスプレイ(518ppi)
SoCQualcomm 64-bit オクタコア Snapdragon 810(水冷式)
RAM3GB
ストレージ32GB
メインカメラ約2000万画素 PureViewカメラ(トリプルLEDフラッシュ・OIS)
フロントカメラ約500万画素 広角カメラ
バッテリー3300mAh(※着脱可能)
その他虹彩認証用赤外線センサー(Windows Hello 対応)
microSDカードスロット
ワイヤレス給電機能(Qi規格準拠)
急速充電機能
USB Type-Cポート
カラーバリエーションマットホワイト
マットブラック

両モデル共通で端末の冷却機構に水冷式システムを採用することにより、従来以上に優れた冷却性能を実現し、SoCのパフォーマンスを最大限に引き出すことを可能にしています。また、アンテナを2基搭載することにより、受信感度をより一層高める構造が採用されていることも明らかになりました。

メインカメラにはマイクロソフトの誇る高画質カメラ技術「PureView」を採用し、センサーには約2000万画素という競合機種にも引けを取らない高画素センサーを実装。光学式手ぶれ補正機構(OIS)に加えトリプルLEDフラッシュを搭載することで、より自然な色合いに近く、手ぶれの少ない画像を撮影することができるようになっています。

さらに、端末正面部に赤外線式の虹彩認証センサーを搭載したことにより、同社の開発する生体認証機能のベータ版となる「Windows Hello Beta」を利用し、迅速かつ精確な本人認証を実現しました。

そのほか、専用アクセサリー「Microsoft Display Port」および「Continuum」と呼ばれる新機能を利用することにより、ディスプレイに端末を接続してデスクトップPCのように利用することを可能にしている点も大きな特徴となります。

なお、マイクロソフトによると、Lumia 950およびLumia 950 XLは、それぞれ549ドル(約6万6000円)と649ドル(約7万8000円)という価格設定の下、11月中にも発売される予定とのことです。

[Neowin][Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿