「Nexus 5X」の動作は「Nexus 6P」よりも遅い ―動画で比較

Android Centralは21日(現地時間)、米グーグルの「Nexus 5X」が同「Nexus 6P」よりも動作が遅いことが判明したと報告しています。

Android Centralは、Nexus 5Xと6Pの動作を比較する動画をYouTubeに投稿しており、アプリの起動やウェブサイトの表示においてNexus 5Xが軒並み6Pより遅いことを伝えています。特に、動画の2分40秒頃から映されているゲームアプリの起動においては、その速度に顕著な差が出ていることがわかります。ゲームアプリを閉じた後の動作についても、Nexus 5Xではキャッシュの影響で遅くなってしまっています。

Nexus 6Pは「Snapdragon 810」と3GB RAMを搭載しているのに対して、Nexus 5Xは「Snapdragon 808」と2GB RAMを搭載しています。そもそも、スペック上において明確な差があり、実使用において今回指摘された差は当然の結果とも言えます。

Nexus 5Xは5万9300円(16GBモデル)から、Nexus 6Pは7万4800円(32GBモデル)からとその差は1万5500円。同じ32GBモデルで比較した場合、5Xは6万3400円なのでその差は1万1400円となります。Nexusスマートフォンの購入を検討しているユーザーは自分の使用用途とこの価格差を考慮して決めるのが良さそうです。

[Android Central]

ソーシャルシェア

コメント投稿