イングレスのNiantic、ポケモン・グーグル・任天堂から約23億7500万円調達

オンライン位置情報ゲーム「イングレス」を開発・運営するNianticは15日、株式会社ポケモンとその米国子会社、米グーグル、任天堂から2000万ドル(約23億7500万円)の資金を調達しました。

niantic_big

Nianticは、グーグルの社内ベンチャーでしたが今年8月に独立しています。今回の出資は、2016年にリリースを予定している「Pokémon GO」の開発を主な目的としていますが、各社の出資比率については明らかになっていません。

Pokémon GOは、iOSやAndroid向けのスマートフォンゲームアプリで、端末の位置情報を利用して現実世界とリンクした体験をすることができます。同ゲームは今年9月に、イングレスの仕組みを利用してNianticと開発を進めていることが発表されていました。

Pokémon GOの紹介動画

株式会社ポケモンと任天堂がNianticに出資を行うことで、さらに緊密な連携を可能にし開発を有利に進めていく狙いがあるものとみられます。株式会社ポケモンの石原恒和CEOは「株式会社ポケモンは、コミュニティやイノベーションに対して同じ思いを共有するNianticのような会社とのパートナーシップを強く進めていく」と、今後の展開にも期待を含めるコメントを出しています。

今回発表された2000万ドルの出資はシリーズAとされており、一定の条件がクリアされればさらに1000万ドル(約11億8800万円)の追加投資が予定されています。

[Niantic]
[ポケモン]

ソーシャルシェア

コメント投稿