米アップル、「iMac」へAMD製カスタムプロセッサ搭載を検討中か

WCCFtechは20日(現地時間)、米アップルが、将来の「iMac」シリーズに米AMD製のプロセッサの採用を検討している可能性を伝えています。

記事116.1

WCCFtechによると、AMDの次世代マイクロアーキテクチャ「Zen」をベースにしたカスタムプロセッサが、将来のiMacに搭載される見込みとのことです。ただし、実際の製品が登場するのは2017年ないし2018年になるとされています。

既に、長らくアップルは同社製PC製品にAMD製のグラフィックチップを採用してきた事実があり、また近年のAMDも各企業からの注文に応じたカスタムプロセッサの製造において一定の成功を収めていることを踏まえると、アップルが自社製品に最適化したカスタムプロセッサの採用を検討している可能性はあり得ないことではなさそうです。

なお、AMDはZenにおいて、最新のマイクロアーキテクチャ「Excavator」比で40%のIPC(Insturctions Per Clock)改善を含めた大幅な性能向上の実現を謳っているほか(過去記事)、同時期に登場が予測されているGPUも、「HBM2(High Bandwidth Memory 2)」の導入や製造プロセスの微細化などによる絶対性能および電力効率の向上に期待が集まっています。

仮にAMD製カスタムプロセッサを搭載したiMacが市場的な成功を収めたならば、いずれは「MacBook」および「Mac Pro」シリーズへも採用され、アップルのPC製品はCPU・GPUともにAMD製のチップで構成されることになるかもしれません。

[WCCFtech via KitGuru]

ソーシャルシェア

コメント投稿