サムスン、自社製端末に「3D Touch」と同様のタッチ感知技術を導入か

SamMobileは9日(現地時間)、韓国サムスン製の端末に、将来的に米アップルの「3D Touch」と同様のタッチ感知技術が実装される見込みと伝えています。

記事72.2

先日、米Synapticsによって「ClearForce」と呼ばれる新たなタッチ入力に関する技術が発表されましたが、これは「iPhone 6s」シリーズに実装されている3D Touchと同様に、ディスプレイに加えた圧力の大小を感知することを可能にする技術となります。既にこのClearForceのサンプル品が複数の “一流OEM企業” に対して提供されていることも明らかにされています。

SamMobileによると、「Galaxy S6」シリーズに初めて実装されたタッチ式の指紋認証センサー技術において、サムスンとSynapticsはパートナーシップを形成していた過去があり、今回発表されたClearForceも将来的にはサムスン製端末に導入される可能性があるとのことです。

記事72.1

自社製端末に新機能および新要素を積極的に取り入れることで成長し、競い合ってきたサムスンとアップルですが、3D Touchの登場によりタッチ感知技術に関して独走を許してしまったサムスンが、このまま指をくわえて眺めているとは考え難いように思われます。

実際にClearForceが実装されるか否かは定かではありませんが、少なくとも3D Touchに類する何らかの新技術が、将来登場するGalaxyシリーズに実装される可能性は非常に高そうです。

[SamMobile]

ソーシャルシェア

コメント投稿