米マイクロソフト、「白色べゼル」を採用した新型Lumia端末を開発中か

NPUは4日(現地時間)、米マイクロソフトが、べゼル部が白色の新型Lumia端末を開発している可能性を指摘しています。

記事35.1

今回、Facebook上に開設されているMicrosoft Lumia USの公式ページ上に、謎のLumia端末の画像が公開されました。一見すると既存の「Lumia 830」や「Lumia 930」と似通ったデザインのようですが、ディスプレイ周辺のべゼル部は白色であり、またサイドフレーム部もポリカーボネイト製ではなく金属素材製のようにも見受けられます。

従来のLumiaシリーズにおいては、ホワイトモデルでさえも黒色のべゼルを採用しており、今回の画像に写るような白色べゼルを採用した端末は、現時点の製品ラインナップの中に存在していません。残念ながらこの端末の正体については不明ですが、マイクロソフトが現在開発中の新型Lumia端末の試作機である可能性を、NPUは指摘しています。

記事35.2

「Lumia 830」および「Lumia 930」との比較画像

なお、今回の情報とほぼ時を同じくして、金属素材製の筐体を採用した新型ミッドレンジ級Lumia端末が来春頃に発表される可能性を伝える情報もリークされており(過去記事)、今回の画像に写る端末はその新型端末の試作機なのかもしれません。

今は完全に謎に包まれていますが、その正体や詳細について伝える続報に期待したいところです。

[Facebook via NPU]

ソーシャルシェア

コメント投稿