NTTドコモ、「NOTTV」を2016年6月30日で終了へ

NTTドコモは27日、同社が提供している放送サービス「NOTTV」を2016年6月30日に終了すると発表しました。

nottv-logo

NOTTVは、NTTドコモのグループ会社mmbiが運営しているスマートフォン向けの放送サービスで、2012年4月からサービスの提供が開始されました。今年4月にはBS・CS放送の6つのチャンネルも含め、リアルタイム視聴とシフトタイム視聴ができる「NOTTVパック(月額税抜635円)」も登場していました。

NOTTVは月額料金だけで見放題となり、スマートフォンに特化した放送局として番組視聴にパケット通信料が掛からないことが特徴でしたが、視聴に対応した端末を購入する必要があり、「iPhone」などの機種は非対応となっています(非対応機種での視聴には外部チューナーが必要)。また、昨今の動画配信サービスの乱立もあり、想定よりも会員数を獲得することができなかったとしています。

放送エリアの拡大などに積極的な投資を続けてきましたが、今夏に開催された第1四半期(4~6月)の連結業績発表会では、mmbiが6月末決算で約500億円の純損失を計上していたことが明らかになり、開局以来3年連続で赤字が続いていました。

今回の発表に伴い、NTTドコモはNOTTVの新規加入受付を終了しており、今後はNOTTVと並行して運営・提供してきた動画配信サービス「dTV(月額税抜500円)」に注力することになりそうです。

[NTTドコモ]
[CNET]

ソーシャルシェア

コメント投稿