Galaxy S7、「Xperia Z5」シリーズと同一イメージセンサーを採用か

Phone Arenaは2日(現地時間)、「Galaxy S7」には、ソニー製の最新イメージセンサーが採用される可能性が指摘されたことを伝えています。

記事8.3

画像は「Galaxy S6 edge」のもの

Phone Arenaによると、韓国サムスンは「Xperia Z5」シリーズに搭載されている最新イメージセンサーの同社製端末への採用に関して、現在ソニーとの間で協議を行っており、Galaxy S7にはソニー製とサムスン製のイメージセンサーの両方が搭載されることになる見込みとのことです。

これまでの情報では、Galaxy S7にはサムスン製の新型「2000万画素 ISOCELLセンサー」(過去記事)が採用される見込みとされていましたが(過去記事)、今回それとは別に、ソニーの最新イメージセンサー「IMX300」(過去記事)を搭載したモデルが用意される可能性が指摘される形となりました。

記事8.2

現行最新の「ISOCELLセンサー」は1600万画素

なお、Xperia Z5シリーズに採用されるIMX300は2300万画素となりますが、本来この製品はアスペクト比3:2の2500万画素センサーであると見られ、上述のISOCELLセンサーとは解像度に大きな開きがあります。しかしながら今回の情報提供者によると、どちらも2000万画素センサーとしてGalaxy S7に搭載される見込みとのことです。

仮に今回の情報が事実だとするならば、IMX300は外周部を利用せず有効画素数2000万画素のセンサーとして実装されることになるのでしょうか。あるいは、何らかの画素数圧縮技術などが用いられるのかもしれません。

記事8.1

「IMX300」は元々はアスペクト比3:2の2500万画素センサーとして開発されていた模様

また、Galaxy S7にはそれぞれ「Snapdragon 820」と「Exynos 8890」を搭載した2モデルが用意される見込みですが、これまでの同シリーズ製品を顧みるに、前者にはソニー製センサー、後者にはサムスン製センサーが搭載されることになりそうです。

一方でGalaxy S7の量産開始が目前に迫っている可能性を踏まえると(過去記事[1][2])、未だに搭載部品に関する交渉が完了していないというのは少々信じ難いようにも思われます。いずれにせよ、現時点ではGalaxy S7に2種類のイメージセンサーが採用されるかは完全に未知数であり、続報に要注目といったところでしょうか。

[Weibo via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿