「Huawei Mate 8」、主なスペックが判明 ―Kirin 950搭載

WinFuture.deは2日(現地時間)、中国ファーウェイの次世代フラッグシップモデル「Huawei Mate 8」と見られる端末の主なスペックが判明したと伝えています。

huawei-nxt-al10-mate-8

昨日、ファーウェイの本拠地である中国を経由してHuawei Mate 8の発表イベントのティザー画像がリークされたばかりですが(過去記事)、新たにそのスペックに関する新情報が、GFXBenchベンチマークのデータベース上に発見されました。

以下は、今回判明した主なスペック。

OSAndroid 6.0 Marshmallow
ディスプレイ6.0インチ フルHD(1920×1080)ディスプレイ
SoCHiSilicon 2.2GHz駆動 64-bit オクタコア Kirin 950
GPUARM Mali-T880
RAM4GB
ストレージ64GB
メインカメラ約1600万画素
フロントカメラ約800万画素
ワイヤレスBluetooth
Wi-Fi
NFC

過去の情報では、Huawei Mate 8にはファーウェイ自社開発の最新高性能SoC「Kirin 950」が搭載される見込みとされてきましたが、上記のスペック一覧の中にははっきりとKirin 950の文字を確認することができます。

記事9.2

先日リークされた「Huawei Mate 8」の実機画像(※保護カバー装着)

内蔵バッテリ-については判明しませんでしたが、先代モデルにあたる「Ascend Mate 7」とほぼ同等の外形寸法となることを踏まえると、バッテリー容量もほぼ同等の4100mAh程度になると見ておいても良いのかもしれません。

なお、Kirin 950は11月5日(過去記事)、Huawei Mate 8は11月26日にそれぞれ正式発表される見通しです。

[WinFuture.deNoWhereElse via Phone Arena[1][2]]

ソーシャルシェア

コメント投稿