米HPおよびスイスの時計メーカーMovadoは16日(現地時間)、新型スマートウォッチ「Movado Bold Motion」を発表しました。

記事86.1

一般的なスマートウォッチとは異なり、Movad Bold Motionはあくまでもクォーツ式腕時計をベースにした製品として開発されており、機能も非常にシンプルに仕上げられています。

通常、スマートウォッチは盤面に液晶(または有機EL)ディスプレイを採用することにより多彩な通知や情報表示を可能にしますが、Movad Bold Motionは「LEDライト」を駆使し、通知する内容ごとにLEDライトの光らせ方に変化を付けることにより各種通知をこなすとのことです。

「Movado Bold Motion」のプロモーション映像

なお、ユニセックスモデルとしてデザインされたMovado Bold Motionは、表面処理に「物理蒸着(PVD)コーティング」が施されており、盤面部の保護素材にはK1クリスタルが採用されています。

また、「Android 4.4 KitKat」または「iOS 8」以降のOSを実装する端末とペアリングすることが可能となるほか、5気圧防水の生活防水機能を備え、およそ1週間というスマートウォッチとしては長めのバッテリーライフを実現しているとのことです。

販売価格については、発表当初公式Webサイト上には695ドル(約8万6000円)と表記されていたものの、直後に795ドル(約9万8000円)へと修正されています。いずれにせよ高級な端末として販売されることは間違いないように思われます。

[Movado via G for Games]