米マイクロソフト、55ドルのフィーチャーフォン「Nokia 230」を発表

米マイクロソフトは25日(現地時間)、低価格フィーチャーフォン「Nokia 230」を正式発表しました。

記事141.1

Nokia 230は低価格さを最大の武器にしたフィーチャーフォンとして開発されたため、価格相応にスペックは控えめに仕上げられているものの、「Opera Mini」ブラウザやBing検索、MSN天気が専用アプリとして実装されています。また、筐体部には金属素材が採用されているほか、メインおよびフロントカメラにそれぞれLEDフラッシュが搭載することにより、低照度環境下での撮影性能を強化しているとのことです。

記事141.2

以下は、Nokia 230の主なスペック。

OSSeries 30+
ディスプレイ2.8インチ QVGA(320×240)ディスプレイ
SoC※非公開
RAM16MB
ストレージ最大32GB(※microSDカード利用時)
メインカメラ約200万画素
フロントカメラ約200万画素
バッテリー1200mAh
ネットワーク2G / 2.5G
ワイヤレスBluetooth 3.0
連続待機時間最大27日間
連続通話時間最大23時間(※2G通信利用時)
連続音楽再生時間最大52時間
その他microSDカードスロット
デュアルSIM 対応(デュアルSIMモデルのみ)
外形寸法124.6(W) × 53.4(D) × 10.9(H) mm
本体重量91.8g

なお、Nokia 230にはデュアルSIM機能に対応した兄弟モデルも用意されており、ともに55ドル(約6700円)という価格設定の下、インドやアジア、および中東市場において12月中に販売が開始される予定とされています。

[Microsoft via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿