マイクロソフト、Windows Phoneへの乗り換えを促すAndroid向けアプリをリリース

米マイクロソフトは20日(現地時間)、AndroidユーザーにWindowsプラットフォームへの乗り換えを促すアプリ「AppComparison」を、Google Playストアを通じてリリースしました。

記事120.2

AppComparisonは、概要の冒頭に「Are you considering changing your Android device to Windows Phone?(AndoidスマートフォンからWindows Phoneへの乗り換えを検討してはいませんか?)」とあるように、Androidユーザーを自プラットフォーム上に引きずり込むことを目的に開発されたアプリとなります。

概要によると、このアプリを利用することで、Androidスマートフォンで利用可能なアプリがWindows Phoneに対しても提供されているかを調べることができるほか、モバイル向けWindows OS上で人気のアプリの紹介を閲覧することも可能になるとのことです。

記事120.1

「AppComparison」のUI

なお、Android OSやiOSと比較してアプリの数および種類に乏しい点は、長らくWindows Phone(およびWindows 10 Mobile)の弱点であると指摘されてきました。人気の高いSNSアプリやコミュニケーションアプリなどを中心にアプリの拡充は継続されていますが、今なおその状況は大きく改善されたとは言い難い状況にあります。 そのような現状において、このAppComparisonがマイクロソフトの目論見通りの働きをするかは分かりませんが、少なくとも同社がモバイルOS市場におけるシェア拡大に本気で取り組んでいることは間違いなさそうです。

[Google Play via The Verge]

コメント投稿