Nexus 6P、「bendgate(折れ曲がり疑惑)」が再び浮上

9to5Googleは3日(現地時間)、「Nexus 6P」の筐体の脆弱性および折れ曲がりやすさを主張する内容の動画が、新たにYouTube上に公開されたことを伝えています。

記事26.1

今回新たな検証動画を公開したのは、先日Nexus 6Pの各種耐久性を検証する動画を公開したのと同じ人物となります(過去記事)。同氏は先日の検証動画の中で実際に端末を手で折り曲げ、Nexus 6Pが非常に脆い構造をしていることを主張しましたが、折り曲げる段階で既にディスプレイに大きな損傷があったことなどを根拠に、その検証結果の信頼性が疑問視されていました。

新たに公開された「Nexus 6P」の折れ曲がり耐性の検証動画

そういった指摘を受けてか、今回同氏は新たに用意した未開封のNexus 6Pを用いて再び折れ曲がり耐性の検証を実施し、動画として公開。その結果、新品のNexus 6Pも先日の検証と同様に、端末の中央部から真っ二つに折れ曲がってしまいました。

同氏は動画を通じてNexus 6Pに見られる幾つかの構造上の欠陥を指摘しており、ディスプレイの破損の有無が、同端末の耐久性や剛性における決定的な要素とは言えないことを主張しています。

同氏によって先日公開された耐久性検証動画

一方でインターネット上には、Nexus 6Pの頑丈さを主張する動画も数多く公開されていますが(過去記事)、残念ながら現時点では相反する主張のどちらがより真実に近いかを立証する決定的な証拠は存在していません。

少なくとも、成人男性が本気で折り曲げようとでもしない限りは問題なく利用できるだけの強靭さを備えているようですが、この問題を巡ってさらに議論が過熱するようなことになれば、公式から何らかの発表が行われることになりそうです。

[YouTube via 9to5Google]

ソーシャルシェア

コメント投稿