アップル、「Force Touch」内蔵キーボードの特許を出願

KitGuruは3日(現地時間)、米アップルから将来発売されるPC製品のキーボードに、感圧タッチ検知技術「Force Touch」が実装される可能性が浮上したことを伝えています。

KitGuruによると、米国特許商標局(USPTO)のデータベース上に、Force Touchセンサーを内蔵したキーキャップに関する特許が発見されたとのことです。

「Apple Watch」において初めて実装されたForce Touchと触覚フィードバック技術「Taptic Engine」ですが、既にどちらも「iPhone 6s」シリーズに採用されたほか、後者においては一部Macbook製品のトラックパッドにも導入されました。

iPadシリーズへの将来的な導入も予測されていることを踏まえると、キーボード製品へのForce Touchの実装が計画されていたとしてもあまり不思議ではないように思われます。一方で、この特許はアップルによって先日出願されたばかりのものであり、世に溢れる多くの特許と同様に、これが実際に製品化されるという保証はどこにもありません。

しかしながら、仮に将来のMacBookシリーズやワイヤレスキーボードにForce Touchが実装されたとして、はたして実使用上の利便性にどれほどの向上をもたらすことになるのでしょうか。ぱっと思いつくのは、キーキャップ1つ1つにコマンドやアプリのショートカットなどを設定できるようにすることなどですが、アップルの独創性に期待したいところです。

[USPTO via KitGuru]

ソーシャルシェア

コメント投稿