米グーグル、「スマートフォン向けプロセッサ」の自社開発を検討中か

The Informationは5日(現地時間)、米グーグルが現在、Androidスマートフォン向けプロセッサの自社開発を検討している可能性があると報じています。

記事38.2

The Informationによると、この計画はグーグルの掲げる「完全に自社技術のみで構成された “enterprise connectivity device(企業と結び付いた端末)” を製造する」という目標に付随するものであり、同社内でこの件に関する議論が持ち上がり始めたのは今秋頃の話とのことです。

ただし今回、このenterprise connectivity deviceというものが具体的にどのような端末のことを指しているのか、あるいはどのような形でSoCの自社開発を行うのかといったことについて、確実な情報は明らかにされませんでした。

なお、スマートフォン向けプロセッサを自社開発することのメリットとして、ソフトウェアとハードウェアの密接な統合を可能にすることで、将来のAndroid OSにより「VR(ヴァーチャルリアリティ)」や「AR(オーグメンテッドリアリティ)」に代表される最先端技術を実装しやすくなることなどが指摘されています。

記事38.1

開発および製造に際してどの企業とパートナーシップを形成するのかについても不明であるほか、既に米クアルコムや韓国サムスン、台湾MediaTekなどの自社開発SoCに牛耳られているAndroidスマートフォンの世界において、後発となるグーグル製プロセッサが割って入る余地が残されているのかも分かりません。

あるいは「Nexus」デバイスや「Pixel C」、「Nexus Player」などの自社製端末にのみに搭載される可能性も考えられそうですが、今回グーグルはこの件に関してコメントを差し控えています。

いずれにせよ、実現までにクリアしなければならない課題が山積みであることを思うと、将来的に計画の実行が決定されたとして、実際に製品が登場するのはまだしばらく先のこととなりそうです。

[The Information via The Verge]

ソーシャルシェア

コメント投稿