アップル、「iPhone 5s Mark II」の提供を計画か ―A8チップ搭載

Macお宝鑑定団blogは17日(現地時間)、「iPhone 5s」の後継モデルの名称およびスペック情報について、信頼できる情報筋を通じて新たな情報を入手したことを伝えています。

記事77.1

画像は「iPhone 5s」のもの

Macお宝鑑定団blogによると、iPhone 5sの後継モデルは「iPod Touch(第6世代)」(過去記事)をベースに開発されており、その名称は「iPhone 5s Mark II」となる見込みであるほか、既に同製品の製造準備は整っており、いつでも出荷可能な状態にあるとのことです。

またスペックについては、「A8」プロセッサやf/2.2の明るいレンズを搭載したフロントカメラを搭載し、さらにBluetooth 4.1およびWi-Fi 802.11 acへの対応も果たすとしています。

記事77.2

画像は「iPod Touch(第6世代)」のもの

これまで2016年に登場する新型4.0インチiPhoneは、「iPhone 6c」または「iPhone 7c」として登場するとされていましたが、ここに来て新たな可能性が指摘されることとなりました。近年のアップル製品における命名体系を顧みるに、今回の情報にある端末がiPhone 5s Mark IIという名称になるとは少々考え難いようにも思われます。

[Macお宝鑑定団blog via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿