iPhone 7シリーズ、「防水機能」を実装か ―RAM容量は3GBに?

台湾TrendForceは19日(現地時間)、2016年登場予定の「iPhone 7」シリーズにおいて、新たに防水機能が実装されるとの予測を明らかにしました。

記事110.1

今回、台湾の調査会社TrendForceが伝えるところによると、iPhone 7シリーズにおいては防水機能が実装されるほか、少なくとも大型モデルの「iPhone 7 Plus」についてはRAMの容量が3GBへと増強される見込みとのことです。

なお、過去にも同様の可能性は指摘されているほか(過去記事[1][2])、同シリーズにおいては有機ELパネルおよび「グラスオングラス(GG)」方式のディスプレイの採用に加え、ホームボタンの撤廃、端末のさらなる薄型化と強靭化などが実現する見込みとも伝えられています(過去記事[3][4][5])。

仮に上述の情報がすべて事実だとするならば、iPhone 7はメジャーチェンジモデルに相応しい刷新を遂げた端末として登場することになりますが、過去の経験に学び、あまり多くは期待し過ぎないようにした方が良さそうです。

[TrendForce via G for Games]

ソーシャルシェア

コメント投稿