マイクロソフトCFO、「ビジネス分野向け」Windows 10 Mobile端末の投入を示唆

Fudzillaは20日(現地時間)、米マイクロソフト幹部が、“ビジネス分野向け” の「Windows 10 Mobile」端末の投入計画の存在を明らかにしたと伝えています。

記事116.1

エイミー・フード氏

Fudzillaによると、先日米サンフランシスコにて開催された開発者向けカンファレンス「UBS Global Technology Conference」において、マイクロソフトCFOのエイミー・フード氏が、Lumiaシリーズの製品展開に関する新たな情報を明かしたとのことです。

フード氏は今回、「Lumia 950」および「Lumia 950 XL」が “Windowsファンのため” のプレミアム端末であることに言及し、それと同様に “ビジネスユーザーのための端末” が同社の計画のうちに存在していることを示唆しました。

記事116.2

「Surface Phone」のコンセプトモデル

なお、残念ながらその端末に関する詳細については一切開示されませんでしたが、ビジネス分野向けの未発表端末としては既に「Surface Phone」の存在が知られています(過去記事[1][2])。

未だ公式にその存在が認められてはいませんが、Surface Phoneは最高の生産性を追求したミッドレンジモデルとして、2016年中頃に登場する見込みです(過去記事)。

[Fudzilla]

ソーシャルシェア

コメント投稿