米クアルコム、「Snapdragon 820」を発表

米クアルコムは10日(現地時間)、新型フラッグシップモバイルプロセッサ「Snapdragon 820」を発表しました。

qualcomm-snapdragon-820

クアルコムが発表したSnapdragon 820は64-bitのクアッドコアSoCで、新型CPU「Kryo」を搭載しています。「Snapdragon 810」では、8つのCPUコアから成るオクタコアSoCでしたが、820ではその半分となるクアッドコアとなっています。コア数を半減しつつも、Snapdragon 820ではより高速でパワフルなパフォーマンスを実現しています。

「14nm FinFET」プロセスで製造された64-bit CPU Kryoは、810搭載のCPUから2倍高速化されており、新型DSP(デジタルシグナルプロセッサ)「Hexagon 680」がパフォーマンスとバッテリーライフの向上を後押ししています。

通信モデムには受信時最大600Mbps(LTE Cat.12)に対応した「X12 LTE」を採用。「X10 LTE」からアップロード速度で3倍、ダウンロード速度で33%最大速度が拡張されています。また、免許が不要となる帯域(5GHz帯など)でLTE通信を行うことができる「LTE-U」(過去記事)に対応しており、メインのLTE通信速度とその接続性の向上と安定が期待されます。

Wi-Fi通信においては、「802.11ad」(最大4.6Gbps)と「2×2 MU-MIMO」を利用した「802.11ac」(最大867Mbps)に対応。これまでのWi-Fi通信より2〜3倍高速化されています。

GPUには、クアルコム最高のパフォーマンスを誇るという「Adreno 530」を搭載。「Adreno 430」からグラフィックパフォーマンスで40%の向上を実現しています。実装されているISP(イメージシグナルプロセッサ)「Spectra」は色再現幅を拡大し、最新の14-bitイメージセンサーをサポートしています。

Snapdragon 820の主なスペックや特徴は以下の通り。

CPU最大2.2GHz クアッドコア 64-bit Kryo
DSPクアルコム Hexagon 680
GPUクアルコム Adreno 530
カメラクアルコム Spectra 14-bit デュアルISP
(最大2800万画素に対応)
充電機能クイックチャージ 3.0(従来の充電から4倍高速化)
動画4K解像度撮影と録画再生、外部出力に対応
H.264(AVC)
H.265(HEVC)
ディスプレイ4K解像度の表示と出力に対応
LTEX12 LTE
(以下追加機能のみ記載)
LTE・Wi-Fiアグリゲーション
LTE-U
LTEブロードキャスト
LTEデュアルSIM、デュアルアクティブ(DSDA)
HD Voice(3G)、VoLTE
LTE・Wi-Fiのシームレスな通話
Wi-Fiクアルコム VIVE
802.11ac
2×2 MU-MIMO
Tri-band Wi-Fi
その他通信Bluetooth 4.1
NFC
ロケーションクアルコム IZat Gen8C
ストレージUFS 2.0
eMMC 5.1
SD 3.0(UHC-I)
メモリLPDDR4 1866MHz デュアルチャンネル
プロセステクノロジー14nm
USBUSB 3.0 / 2.0
RFクアルコム RF360
セキュリティクアルコム Heaven Security Suite

Snapdragon 810で発生していた発熱問題もあり、今回発表されたSnapdragon 820の出来栄えを心配している方も多くいるかと思います。先日には、製造を担当している韓国サムスンが発生している発熱問題を改善すべく制御プログラムの修正に苦心しているとの報道もありました(過去記事)。この件は後にクアルコムの中国法人から否定する声明が発表されましたが(過去記事)、消費者の不安が解消されたとは言い切れません。

Snapdragon 820は、サムスンの次世代フラッグシップスマートフォン「Galaxy S7」への搭載が確実視されているほか、噂レベルでは2016年3月にSnapdragon 820を搭載した「Xperia Z5 Ultra」が発売されるとの情報も出ています(過去記事)。

Snapdragon 820が非常に高いパフォーマンスを実現しているだけに、上述した問題がつい頭をよぎりますが、どの程度の変化を実感することができるのか楽しみなところではあります。

[クアルコム via 9TO5Google]

ソーシャルシェア

コメント投稿