WCCFtechは16日(現地時間)、「Snapdragon 820」は、グラフィック性能において「A9」プロセッサを上回る見込みと伝えています。

記事63.2

中国の情報筋によると、GFXBenchベンチマーク内のグラフィック性能測定テスト「Manhattan 3.0」において、米クアルコムのSnapdragon 820(過去記事)が、「iPhone 6s」シリーズに搭載されている最新SoC A9プロセッサのスコアをおよそ10%上回ったとのことです。

A9プロセッサに統合されているGPUの詳細については判明していませんが、1世代前の「A8」プロセッサと比較してグラフィック性能はおよそ90%の向上を果たしたと公式に発表されています。一方で、Snapdragon 820に搭載されるGPU「Adreno 530」は、「Snapdragon 810」の統合GPU「Adreno 430」と比較しておよそ40%の性能向上を実現していることが明らかにされています。

記事63.1

仮に今回の情報が事実だとしても、あくまでベンチマークテストにおいて勝利を収めたというだけであり、実性能上での比較では異なる結論が下される可能性もあり得ます。また、今回の比較に用いられたAdreno 530のスコアは “theoretical(理論上の)” であるとされており、今回の情報をそのまま鵜呑みにしてしまうのは尚早かもしれません。

しかしながら、歴代のAdrenoシリーズには同世代のライバル製品と比較しても常に優秀な成績を収めてきた実績があることを踏まえると、次世代モデルの実力にも大いに期待を寄せたいところです。

[Weibo vie WCCFtech]