「Galaxy S7」シリーズ、搭載SoC毎のモデルナンバーが一部判明

SamMobileは16日(現地時間)、「Galaxy S7」シリーズのモデルナンバーおよび搭載SoCに関する情報を新たに入手したことを伝えています。

記事80.1

これまでの情報では、Galaxy S7および「Galaxy S7 edge」には、「Snapdragon 820」搭載モデルと「Exynos 8 Octa 8890」搭載モデルの2種類が用意され、それぞれ異なる市場や通信キャリアに対して提供される見込みとされてきました。今回SamMobileが入手した情報は、その詳細の一部についてを伝えるものとなります。

以下は、今回判明したGalaxy S7シリーズのモデルナンバーとそれぞれのモデルが搭載するSoCの一覧です。なお、「SM-G930」に類する型番の機種はGalaxy S7となり、「SM-G935」に類する型番の機種がGalaxy S7 edgeとして登場する見込みです。

Snapdragon 820

  • 米Verizon向けモデル : SM-G930V / SM-G935V
  • 米Sprint向けモデル : SM-G930P / SM-G935P
  • 米U.S. Cellular向けモデル : SM-G930R4 / SM-G935R4
  • 中国市場向けモデル : SM-G9300 / SM-G9350

Exynos 8 Octa 8890

  • グローバルモデル(アンロック済み): SM-G930F / SM-G935F
  • 米T-Mobile向けモデル : SM-G930T / SM-G935T
  • 米AT&T向けモデル : SM-G930A / SM-G935A
  • カナダ市場向けモデル : SM-G930W8 / SM-G935W8
  • 韓国市場向けモデル : SM-G930 S/K/L / SM-G935 S/K/L

SamMobileによると、Snapdragon 820搭載モデルは、無線通信方式に「CDMA」を採用しているキャリアおよび地域に対して主に提供されることになり、それ以外のキャリアや市場に対しては主にExynos 8 Octa 8890搭載モデルが提供されることになるとのことです。

記事80.2

先日リークされた「Galaxy S7」シリーズ発表イベントの招待状(?)の画像

上述の情報が事実と仮定すると、国内市場に対してはEyxnos 8 Octa 8890を搭載するグローバルモデルが投入される可能性が高そうに思われますが、一方で国内最大手通信キャリアがそれぞれ「CDMA2000」ないし「W-CDMA」方式を採用していることを踏まえると、Snapdragon 820搭載モデルが発売されることになるかもしれません。

なお、Galaxy S7シリーズは、「MWC 2016」開幕の前日にあたる2016年2月21日に正式発表される可能性が指摘されており(過去記事)、近日中にもより詳細な情報のリークが本格化を迎える見通しです。

[SamMobile via Phone Arena]

コメント投稿