PC Onlineは20日(現地時間)、ソニーCEOの平井一夫氏が、独自SoCの開発計画に関する噂を明確に否定したと伝えています。

記事111.1

平井一夫氏

PC Onlineによると、平井氏は中国国内メディアからのインタビューに応じる中で、数日前に世間を賑わせた「ソニーが独自に開発したSoCが2016年内に登場する」という噂(過去記事)を明確に否定したとのことです。

また先日には、同社がモバイル事業の売却を計画している可能性が報じられたことを受けて、中国および台湾法人の幹部によって報道を否定する見解が発表されましたが(過去記事[1][2])、今回平井氏は同社にモバイル事業から撤退する意志はないことを再度強調しました。

残念ながら、近い将来に独自SoCが登場する可能性は潰えてしまったものの、いずれソニーがモバイル事業の経営改革を完了し継続的な黒字化を達成することができたならば、そこで改めて独自SoCの開発および販売が検討されることになるかもしれません。

[PConline via G for Games]