「Windows 7 / 8.1」搭載製品、2016年10月31日で新規販売終了へ

ZDNetは2日(現地時間)、「Windows 7」および「Windows 8.1」をプリインストールしたPC製品の販売が、2016年10月31日をもって終了することが判明したと報じています。

記事20.2

ZDNetによると、米マイクロソフトの公式Webサイト上に公開されている同社製OSのライフサイクル一覧が更新され、Windows 7およびWindows 8.1をプリインストールした製品は、2016年11月以降は販売されないことが明らかになったとのことです。

また「Windows 8」搭載製品については、2016年6月30日までに新規販売が終了されることも判明しました。 なお新規販売は来年中に終了する一方で、Windows 7およびWindows 8シリーズは、それぞれ2020年1月14日ないし2023年1月10日まで延長サポートが継続されるため、2016年以降も数年間は安全に利用し続けることが可能となります。

記事20.1

何らかの事情により今後Windows 7ないしWindows 8.1を搭載した新品のPC製品が必要となる方は、早めに購入を検討した方が良さそうです。

なお、現在マイクロソフトが普及に心血を注ぐ最新OS「Windows 10」は、既に全世界で1億1000万台以上のPC製品にインストールされていることが明らかにされており(過去記事)、同社が3年以内の達成を宣言する目標のおよそ10分の1をわずか3ヶ月で達成することとなりました。

[Microsoft via ZDNet via Neowin]

ソーシャルシェア

コメント投稿