米マイクロソフトは3日(現地時間)、「Surface Pro 4」および「Surface Book」に対して、最新ファームウェアアップデートの提供を開始しました。

記事17.2

マイクロソフトによると、このファームウェアアップデートにより、Surface Pro 4およびSurface Bookにおいて発生が報告されていた「フリッカー」問題を含むディスプレイ関連の幾つかの不具合が解消されることになるほか、システム全体に幾つかの改善がもたらされるとのことです。

さらに、Surface PenにおいてはWindows 10に将来的に追加される機能に備えたシステムアップデートが実施されたほか、両端末ともにシステム全体の安定性が向上したとされています。またSurface Bookについてのみ、専用ドックのキーボードおよびトラックパッドの機能改善も行われました。

なお、Surface Pro 4およびSurface Bookにおいては、本体部の異常発熱および異常電力消費の不具合も報告されており(過去記事)、注目度と期待の高さとは裏腹にその滑り出しは少々つまずきがちな印象を覚えます。

とはいえ、今回のマイクロソフトのフリッカー問題への対処の素早さを見る限りでは、今後も不具合の修正は迅速に行われることになりそうです。

[Microsoft via Phone Arena]