Twitter、GIFムービーを指でこすることで巻き戻し/早送りをする新機能を発表

Twitterは13日(日本時間)、タイムライン上に投稿されたGIFムービーを指で左右にこする “スクラブ” 操作によって巻き戻し/早送りが可能になる新機能を発表しました。

スクラブ操作というとイメージしにくいかもしれませんが、上のGIFムービー上でマウスを左右に動かすか、スマートフォンの画面で指を左右に動かしてみてください。サーファーの動画がマウスや指の動きに応じて巻き戻されたり早送りされるはずです。

[6:16追記]
すみません、埋め込みツイートでは機能しないようです。以下のリンクから個別ページで試してみてください。
https://twitter.com/twitter/status/664870989361119232

これまで、Twitter上のGIF動画は単純なループ再生のみの対応でしたが、今回の機能追加によって、GIFムービーの楽しみ方がまた一つ増えることになります。

この操作に対応したGIFムービーは左下に “Scrab” というアイコンが表示されますが、現時点ではこの機能に対応させるための投稿時の設定などについては明らかにされていないことから、一般ユーザーへの開放はもう少し先になるのかもしれません。

[via THE NEXT WEB]

ソーシャルシェア

コメント投稿