The Telegraphは23日(現地時間)、韓国LGによって、「LG Watch Urbane 2nd Edition LTE」が販売停止となった理由が明かされたことを報じています。

記事133.2

LGによると、同社が今回LG Watch Urbane 2nd Edition LTEの販売停止を決定した(過去記事)理由は、「同製品に採用されているとあるパーツが、長期間に渡るデバイスの使用の中で映像表示の品質を低下させる可能性があることを憂慮したため」とのことです。

問題のパーツについては同デバイスにおいて初めて採用されたものであり、過去の同社製スマートウォッチに採用されたことはなかったとされています。また、今回の販売停止はあくまでも潜在的なユーザーエクスペリエンス(UX)への悪影響を懸念しての措置であり、装用者の肉体に直接的な被害を与え得る危険性が発見されたためではないことが強調されました。

なお米AT&Tは、同キャリアを通じて販売している同製品については「購入代金の返還」または「AT&Tの取り扱う他のスマートウォッチとの交換」に応じることを発表しています。一方で今回、LGは既に販売された製品への対応について言及しなかったほか、販売再開の時期に関しても明らかにしておらず、今後の発表に注目が集まります。

[The Telegraph via Phone Arena]