BGRは27日(現地時間)、多数搭載された強力な送風ファンにより高い推力を得るホバーボード「ArcaBoard」が、先行予約の受付を開始したことを伝えています。

記事116.1

このArcaBoardは、米国の航空宇宙企業ARCA Space Corporation(以下:ARCA)によって開発されたホバーボードであり、36基も搭載された強力な送風ファンから生み出される推力は200kgf(重量キログラム)、出力は272馬力にも達するとされています。

ARCAによると、安全性を向上させるために組み込まれた「姿勢制御装置」により、あらゆる環境下での利用に対応しているほか、スマートフォンを通じてArcaBoardの操縦を行うことが可能になるとのことです。

公開されたデモ映像を見る限りでは、お世辞にも快適な乗り心地を実現しているとは言い難いものの、確実にこぶし1つ分以上の高さまで浮遊している様子が見て取れます。

ArcaBoardには推力を強化した「Enhanced Thrust Version」と使用時間を向上させた「Long Endurance Version」の2種類が用意されており、最大耐加重量は前者が110kg、後者は80kgとなる一方で、使用可能時間はそれぞれ3分間と6分間になることも明らかにされました。

記事116.2

また通常では、完全放電状態から本体を完全に充電するにはおよそ6時間を要することになりますが、別売りの専用充電ドック「ArcaDock」を利用することにより、所要時間をわずか35分間にまで短縮することが可能となります。

なお、販売価格はArcaBoardが1万9990ドル(約240万円)、ArcaDockが4500ドル(約54万円)とされており、2016年4月より先行予約分の出荷が開始される予定です。

[ArcaSpace via BGR]