Windows Centralは5日(現地時間)、米マイクロソフト製のバーチャルアシスタントシステム「Cortana」が、最新アップデートにより祝日および “特別な日” を自発的にお祝いする機能を獲得したことを伝えています。

記事26.2

Windows Centralによると、この新機能はCortanaをインストールしているすべてのWindows Phone端末において利用が可能となるほか、Cortanaの設定メニューから任意で有効化ないし無効化できるとのことです。

機能が有効化された場合には、祝日や誕生日または記念日などの “特別な日” を迎えると、Cortanaがユーザーに対して自発的に挨拶やゲームを提供したり、その他特別な行動を見せることになるとされています。また今回、この新機能が既にAndroid OS向けのCortanaアプリにおいても実装されていることが確認されています。

記事26.1

Android版「Cortana」アプリの設定メニューには、新機能が実装されている

この新機能がユーザーに顕著な生産性の向上などをもたらす訳ではありませんが、擬似的な人格を与えられたバーチャルアシスタントシステムとしては、より親しみの湧く存在へと進化したと言えるのかもしれません。

なお、先日にはヤマダ電機によって国内初の「Windows 10 Mobile」端末となる「EveryPhone」が、数日前にはマウスコンピューター製の「MADOSMA」(過去記事)が発売されています。さらに近日中にはFreetelからも「KATANA」シリーズが投入される予定で、国内におけるWindows Phone市場がいよいよ本格的な活性化を迎えつつあります。

[Windows Central via Phone Arena]