FREETELブランドを展開するプラスワン・マーケティングは9日(日本時間)、Windows 10 Mobileを搭載したSIMフリースマートフォン「KATANA 02」を1万9800円(税抜)で発売すると発表しました。

画像はKATANA 02

KATANA 02は5.0インチの端末で、11月末から販売が開始されている「KATANA 01」よりも高いスペックのモデルとなります。かねてからその存在は発表されており、登場も予告されてきました。

KATANA 01 / 02のスペックは以下の通り。

freetel-katana-01

画像はKATANA 01

KATANA 01 KATANA 02
OS Windows 10 Mobile Windows 10 Mobile
ディスプレイ 4.5インチ FWVGA(854×480)解像度
IPSディスプレイ
5.0インチ HD(1280×720)解像度
IPSディスプレイ
CPU クアッドコアCPU(詳細不明) クアッドコアCPU(詳細不明)
RAM 1GB 2GB
ストレージ 8GB 16GB
メインカメラ 約500万画素 約800万画素
サブカメラ 約200万画素 約200万画素
バッテリー 1700mAh 2600mAh
ネットワーク GSM:850/900/1800/1900
WCDMA:B1/B6/B8/B19
FDD LTE:B1/B3/B8/B19
NTTドコモ(バンド19)
ソフトバンク(バンド8)
両プラチナバンド対応
GSM:850/900/1800/1900
WCDMA:B1/B6/B8/B19
FDD LTE:B1/B3/B8/B19
NTTドコモ(バンド19)
ソフトバンク(バンド8)
両プラチナバンド対応
価格(税抜) 1万2800円 1万9800円
発売日 2015年11月30日  2016年1月上旬予定

当初発表されていたKATANA 02の販売予定価格は2万9800円でしたが、今回の発表ではそれよりも大幅に価格を抑えた1万9800円となり、発売は2016年1月上旬に予定されています。

LTE通信に対応したデュアルSIM(micro SIM)スロットを搭載しており、NTTドコモとソフトバンクのSIMカードの使用も可能です(KDDIのSIMは非対応)。

国内ではプラスワン・マーケティングの他に、「MADOSMA」(過去記事)を発売しているマウスコンピューターやサードウェーブデジノス、NuAnsブランドのトリニティ、日本エイサー、VAIO、京セラなどがWindows 10 Mobileスマートフォンの開発に名乗りを上げています(過去記事)。

今回プラスワン・マーケティングは、KATANA 02の価格を当初の予定より大幅に下げる決定をしましたが、Windows 10 Mobileスマートフォン市場の盛り上がりを予見してのものかもしれません。

KATANA 01と02はともに価格とスペックを抑えたモデルとなっており、Windows 10 Mobileを試してみたいユーザーにとっても気軽に手を出しやすい機種と言えそうです。

[プラスワン・マーケティング]