富士通は9日(日本時間)、世界最小かつ最高効率を誇る12W出力ACアダプターの開発に成功したことを発表しました。

今回富士通が開発に成功した新型ACアダプターは、電力の低損失化に大きな影響を及ぼすスイッチ素子(FET: Field Effect Transistor)に世界で初めて「窒化ガリウム高電子移動度トランジスタ(GaN-HEMT)」を採用したもの。スイッチングのタイミングを精密に制御可能にする回路を制御ICに実装したことにより、損失電流を抑制することに成功しています。

なおGaN-HEMTは、従来のスイッチ素子に用いられてきた「シリコン半導体(Si-MOSFET)」比10倍の周波数で動作する一方で、動作抵抗も10分の1以下という優れた特性を備えています。

一方で、ACアダプターの高効率化・小型化、および高出力化を実現する上で非常に有用な手段となる「高周波数によるスイッチング」も、そのタイミングを的確に制御しなければかえって電力損失を増大させてしまう危険性も孕むものでした。

記事62.1

しかし今回、富士通が新たに開発したスイッチング制御回路により、GaN-HEMTの特性を最大限に引き出すことが可能になったため、12W出力のACアダプターとしては世界最小の本体容積(15.6cc)と世界最高の電力効率(87%)を実現することに成功したとされています。

そのほか、プレスリリースによると、この新型アダプターを用いて充電を行うことにより、モバイル機器充電時におけるアダプター側の消費電力を50%も削減しつつ、充電時間を従来の3分の1に短縮することが可能になるとのことです。

なお今回、2017年度中の実用化に向けて、今後もさらなる小型化および高効率化を追求していくことも明らかにされました。

[富士通 via エルミタージュ秋葉原]