サムスン、「Galaxy A9」を正式発表 ―Snapdragon 652搭載

韓国サムスンは23日(現地時間)、「Galaxy A」シリーズの最上位モデル「Galaxy A9」を中国市場において正式発表しました。

記事103.4

これまでGalaxy Aシリーズにおける最上位モデルの座には「Galaxy A8」が君臨していましたが、今回新たに発表されたGalaxy A9はさらにそれを凌ぐスペックを備えた高性能モデルとなります。

同社のフラッグシップモデル「Galaxy S6」シリーズ同様に、筐体には金属素材とガラス素材を組み合わせたデザインを採用。さらにホームボタンには、指紋認証センサーが統合されました。

記事103.1

以下は、Galaxy A9の主なスペック。

OSAndroid 5.1.1 Lollipop
ディスプレイ6.0インチ フルHD(1920×1080)Super AMOLEDディスプレイ
SoCQualcomm 1.8GHz駆動 64-bit オクタコア Snapdragon 652
GPUAdreno 510
RAM3GB
ストレージ32GB
メインカメラ約1300万画素(OIS / LEDフラッシュ搭載)
フロントカメラ約800万画素
バッテリー4000mAh
ネットワーク3G / 4G LTE
ワイヤレスBluetooth 4.1
Wi-Fi 802.11 a/b/g/n
NFC
ANT+
その他指紋認証センサー
microSDカードスロット(最大128GB)
デュアルSIM機能
急速充電機能

つい先日「Snapdragon 620」から「Snapdragon 652」へと名を改めたばかり(過去記事)の最新高性能SoCを筆頭に、Galaxy A9シリーズにおけるフラッグシップモデルに相応しい水準で全体的なスペックがまとめられています。

また、メインカメラには光学式手ぶれ補正機構(OIS)とLEDフラッシュが採用されているほか、6.0インチディスプレイを搭載するファブレット端末なだけあって、4000mAhという比較的大容量のバッテリーを搭載しています。

記事103.2

なお今回、発売日や販売価格などに関する詳細については明かされておりませんが、既にKDDIから「Galaxy A8」の販売が開始されている点を踏まえると、いずれはGalaxy A9も国内市場に提供される日が来るかもしれません。

[FoneArena via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿