Galaxy S7、世界初の「Snapdragon 820」搭載端末として登場か

G for Gamesは16日(現地時間)、「Galaxy S7」が世界初の「Snapdragon 820」搭載端末として登場する見込みと伝えています。

記事82.1

G for Gamesによると、韓国サムスンはSnapdragon 820に関して “限定的な” 独占権を獲得しており、他企業は2016年4月を終えるまで同SoCを搭載した製品を市場に投入することができない状態にあるとのことです。

Snapdragon 820はサムスンの「14nm FinFET」プロセスを用いて製造されることが判明しているほか、同社が同チップの完成度を高めることに腐心してきたことも過去には報じられていますが(過去記事[1][2])、そのことを踏まえると同社に短期間の独占権が与えられたとしても不思議ではないのかもしれません。

記事82.2

画像は「Galaxy S6 edge」のもの

また興味深い情報として、先日にはGalaxy S7に動作周波数が通常よりも高められた限定版のSnapdragon 820が採用される可能性も指摘されています(過去記事)。なお、Galaxy S7は2016年2月の「MWC 2016」に合わせて発表され、翌月中に販売が開始される見通しとのことです。

[Weibo via G for Games]

ソーシャルシェア

コメント投稿