グーグル、針を使用しない採血ツールを開発中か…特許が公開

BGRは5日(現地時間)、米グーグルによって “針を使用しない” 採血ツールの特許が申請されていたことが、新たに判明したと伝えています。

記事33.1

新たに米国特許商標局(USPTO)から公開された特許によると、この採血ツールは従来の採血器具とは異なり、針による侵襲を必要としない点をその最大の特徴としているとのことです。

具体的な仕組みとしては、「デバイス内部から高圧ガスによって体表に存在する微粒子を皮膚内部に撃ち込み、採血するに必要とされるだけのごく小さな穴を開ける」というものになりますが、主に血糖値測定などの微量な血液のみを必要とする検査の際などの利用が想定されています。

また本特許の中では、この新型採血ツールのデザインとしてシリンダー状の小型デバイスの姿が描かれているほか、スマートウォッチのようなウェアラブルデバイスに内蔵される可能性も示唆されていますが、現時点では実際に製品化されるかは定かではありません。

記事33.2

なお、非常に多くの子会社を持ち多様なビジネスに携わってゆくと思われる米Alphabet社ですが、その子会社にあたるグーグルは過去にも糖尿病患者のための「スマートコンタクトレンズ」の開発計画を発表しており(過去記事)、今回の報道により、近年の同社が医療分野に対して興味と関心を抱いていることが改めて印象付けられる形となりました。

[USPTO via BGR]

ソーシャルシェア

コメント投稿