「Helio X20」、ベンチマークテストで高スコアを記録 ―Geekbench 3

Phone Arenaは23日(現地時間)、Geekbench 3ベンチマークテストにおける、台湾MediaTek製の次世代高性能SoC「Helio X20(MT6797)」のスコアが新たに判明したことを伝えています。

記事101.1

データベース上に登録されていた「Helio X20」の情報(のうちの1つ)

今回、Geekbenchのデータベース上に、Helio X20のデータが多数発見されました。登録されていたデータから算出されるHelio X20の平均スコアとしては、シングルコア性能がおよそ2150、マルチコア性能についてはおよそ6930となり、両スコアともに「Exynos 7420」や「Snapdragon 810」といった旧世代のチップを大きく上回る値を記録しています。

なお先日には、同ベンチマークテストにおける他社製の次世代SoCのスコアに関する情報も伝えられていますが(過去記事[1][2])、その情報を見る限りでは、Helio X20は「Snapdragon 820」や「Exynos 8 Octa 8890」、および「Kirin 950」といった競合製品にまったく引けを取らない性能を実現している模様です。

Helio X20を搭載した中国Xiaomi製の端末が2016年第1四半期中に登場する可能性も指摘されていますが(過去記事)、同時期にはSnapdragon 820やExyon 8 Octa 8890なども市場に投入される見通しであり、早ければ数ヶ月以内にも、どの製品が次世代SoCにおける頂点に立つかが判明することになるかもしれません。

[Geekbench via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿