HTC、VRヘッドセット「Vive」を2016年4月に発売へ

2015/12/9/ 16:37 訂正
初稿時、HTC Viveを「スマートフォンを専用マウントに装着することで使用することができるタイプ」と紹介していましたが、正しくは、「ヘッドマウントディスプレイが搭載されたモデル」となります。
訂正して、お詫び申し上げます。

台湾HTCは8日(現地時間)、同社初となるVRヘッドセット「HTC Vive」を2016年4月に発売すると発表しました。一般ユーザー向けの発売に先立ち、年明けから開発者やクリエーター向けに7000台の配布を行うことも併せて発表しています。

htc-vive

HTC Viveは、ヘッドマウントディスプレイとコントローラをセットにしたもので、米Oculus VRの「Oculus Rift」などとと同じタイプのVRヘッドセットになります。

今年10月には、HTC幹部のバルトス・ズク氏から「12月8日に情報を公開する」との発言がなされており(過去記事)、今回その予告通りHTC Viveの発売時期が明らかになりました。

発売地域については明らかにされていませんが、国内ではHTCのスマートフォンを積極的に取り扱っているKDDIから発売される可能性があります。

「HTC Vive」の公式プロモーション動画

Viveはすでに今年3月に発表されており、当初は年内の発売を予定していました。計画から大幅に遅れた形となりましたが、発表から1年が経過した来春にようやく登場となりそうです。

[HTC via AndroidCentral]

ソーシャルシェア

コメント投稿