HTC初のAndroid Wear「One」、2016年2月に発売か

次世代スマートフォンのリーク情報でお馴染みのエヴァン・ブラス氏は3日(日本時間)、台湾HTCがスマートウォッチ端末を2016年2月に発売すると伝えています。

ブラス氏は、HTCから「One」という腕時計が2月に登場するとだけ伝えており、その他の詳細については明らかにされていません。HTCは、Android Wearのパートナー企業となっていることから、恐らくHTC初のAndroid Wear端末として登場するものと予想されます。

これまでにも、HTCがAndroid Wear端末を開発しているとの情報は度々伝えられていました。今年9月には「Halfbeak(サヨリ)」という開発コードネームがつけられたHTC製Android Wear端末の情報がリークされており、それによると、解像度360×360の円形ディスプレイを搭載しているといいます(過去記事)。

今年9月に開催されたIFA 2015では、各スマホメーカーから多くのスマートウォッチがお披露目となり(過去記事)、その後もスイス高級腕時計メーカーのタグ・ホイヤー(過去記事)や米HPとMovado(過去記事)などから相次いで新型Android Wear端末が登場していました。

HTCは、初期にAndroid Wearパートナー企業として名が挙げられていましたが、今なお端末の発表には至っていません。ライバルメーカーが続々と端末を発売する中、ようやく来年2月に登場することになるようです。

[Twitter via 9TO5Google]

ソーシャルシェア

コメント投稿