「Xperia Z6」シリーズ、全部で5機種を用意か

Phone Arenaは3日(現地時間)、「Xperia Z6」シリーズの製品ラインナップおよび各製品に採用されるディスプレイの大きさに関して、新たな情報がリークされたことを伝えています。

記事2.2

画像は「Xperia Z5」のもの

今回の情報は、世界的に有名なスマートフォン向けベンチマークソフト「AnTuTu」の開発チームによって明かされたものとなります。情報によると、Xperia Z6シリーズには全部で5機種が用意される見込みとのことです。

以下は、今回リークされた製品名および各機種のディスプレイサイズ。

  • Xperia Z6 Mini(X45) ― 4.0インチ
  • Xperia Z6 Compact(X55) ― 4.6インチ
  • Xperia Z6(X60) ― 5.2インチ
  • Xperia Z6 Plus(X65) ― 5.8インチ
  • Xperia Z6 Ultra(X50) ― 6.4インチ

また今回、「Xperia Z6 Mini」のみSoCに「Snapdragon 620」を採用し、残り4機種については「Snapdragon 820」が搭載される可能性が指摘されました。

現時点において今回の情報の信憑性は不明ですが、少なくとも「Xperia Z6」および「Xperia Z6 Compact」については現行シリーズとほぼ合致しており、情報に不審な点はないと言えそうです。

記事2.1

画像は「Xperia Z5 Premium」のもの

一方で、「Xperia Z6 Plus」に関しては「Xperia Z5 Premium」の直接の後継モデルと見られるものの、“Premium” から “Plus” という名称の変化に加え、やや大型化したディスプレイの存在が少々気にかかります。

そのほか、Xperia Z6 Miniおよび「Xperia Z6 Ultra」の情報についても現時点では眉に唾を付けておく必要がありそうですが、前者は来春までの登場が噂される新型4.0インチiPhone(過去記事[1][2])への対抗端末、後者は多くのユーザーから熱望されてきた「Xperia Z Ultra」後継モデルとして、新たに投入が計画されている可能性も否定し切れません。今年9月には、4K解像度の6.44インチディスプレイとSnapdragon 820を搭載した「Xperia Z5 Ultra」が、2016年3月に登場するとの情報が伝えられています(過去記事)。

記事2.3

先日ソニーによって関係各所に送付されたプレスイベントへの招待状

なお、ソニーは既に2016年1月6日より開催される世界屈指の家電見本市「CES 2016」の前日に、プレスイベントを開催することを正式に告知していますが、Phone Arenaはそのイベントを通じてXperia Z6シリーズが正式発表される可能性を指摘しています。

[AnTuTu via Phone Arena[1][2]]

コメント投稿