一部のNexusデバイスでAndroid 6.0による不具合が発生か

Android Policeは6日(現地時間)、Android 6.0 Marshmallowを導入した一部のNexusデバイスにおいて、映像品質が低下する不具合が報告されていることを伝えています。

記事31.3

Android Policeによると、Nexus PlayerにAndroid 6.0を導入した後、接続したテレビやディスプレイに表示される映像が目に見えて色褪せるようになってしまったという不具合報告が、多数のユーザーから寄せられているとのことです。

この問題は、Android 6.0をインストールした際に、Nexus Player内のRGBレンジの設定が「フル(0~255)」から「リミテッド(16~235)」に切り替わってしまったことに起因しているとのこと。また今回、米グーグルはこの不具合の存在を重く受け止めており、既に解決に向けて動いていることを明らかにしました。

一方で、Android 6.0を導入した一部の「Nexus 6P」および「Nexus 5X」ユーザーからも、同様の問題の発生が報告されています。グーグルによると、両デバイス上で発生している不具合は上述された原因とは異なる場所に根差しており、将来的に提供されるアップデートにより解消を図る予定とのことです。

記事31.1

アップデート前の「Nexus Player」(※Android 5.1.1 Lollipop)

記事31.2

Android 6.0にアップデート後。全体的に色褪せて表示されているのが分かる

幸いにも、今回の不具合はデバイスが使用できなくなったり故障したりするような重大な不具合ではありませんでしたが、映像コンテンツやゲームコンテンツを最大の売りとするセットトップボックスとしては、ある意味で致命的とも言えます。

同様に、Nexus 6PおよびNexus 5Xも有機ELディスプレイによる美麗な映像表示を強みとしていますが、日常的に高い頻度で利用するデバイスなだけに、映像表示品質の低下は大きなストレスとなりかねません。一日も早い修正アップデートの提供に期待したいところです。

[Android Police]

ソーシャルシェア

コメント投稿