進化した「Remote App」が2016年前半に登場へ ―Siri Remoteと同等の機能を実現

9to5Macは9日(現地時間)、「Apple TV」の遠隔操作アプリ「Remote App」に対して、2016年上半期中にもさらなる進化がもたらされる予定であることが、米アップル幹部によって明らかにされたと伝えています。

記事67.1

先日正式リリースを迎えた「tvOS 9.1」において、第4世代Apple TV上におけるSiriの機能性の強化やRemote Appへの正式対応が果たされましたが(過去記事)、アップル幹部のエディ・キュー氏は今回、BuzzFeed Newsのインタビューを通じてApple TVの今後に関する興味深い情報を幾つか明らかにしました。

キュー氏によると、2016年上半期中にRemote Appのアップデートを実施し、Apple TV専用コントローラー「Siri Remote」と同等の機能性をiOSデバイス上に実現させる予定とのことです。

記事67.2

「Siri Remote」

また同氏は今回、「PlayStation 4」や「Xbox One」などの据え置き型ゲームコンソールなどにあまり興味のない消費者層にとって、新たなゲーミングプラットフォームとしてApple TVは魅力的な選択肢になり得るとの見解を明らかにしました。 

なお、早ければ数ヶ月以内にもApple TVの第5世代モデルが発表される可能性も指摘されており(過去記事)、今後しばらくはApple TVを巡るアップルの動向から目が離せそうにありません。

[BuzzFeed Newsvia 9to5Mac]

ソーシャルシェア

コメント投稿