HTCの次世代フラッグシップモデルは「HTC Perfume」? ―HTC O2はキャンセルか

G for Gamesは8日(現地時間)、台湾HTCの次世代フラッグシップモデルが、「HTC Perfume」というコードネームの下に開発が進められている可能性を指摘しています。

記事55.1

画像は「HTC One M9」のもの

HTCの次世代フラッグシップモデルとしては「HTC O2」の存在が過去に報じられていましたが(過去記事[1][2])、Twitter上で精力的に活動する情報筋のLlabTooFeR氏によると、HTC O2に関する計画は無くなり、新たにHTC Perfumeという開発コードネームの端末がその座を奪い取ったとのことです。

詳細なスペックについては明らかにされていませんが、HTC Perfumeは未発表OS「Android 6.1」をベースにした最新カスタムUI「Sense 8.0」を実装して登場する見込みとされています。

以下は、過去にリークされたHTC O2の主なスペック。

ディスプレイ6.0インチ WQHD(2560×1440)ディスプレイ
SoCクアルコム 64-bit クアッドコア Snapdragon 820
GPUAdreno 530
RAM4GB
ストレージ64 / 128GB
メインカメラ約2070万画素
フロントカメラ約500万画素
バッテリー3500mAh
その他防塵・防水機能

米クアルコムの最新フラッグシップSoC「Snapdragon 820」を搭載する非常に高性能なファブレット端末として開発されていたようですが、LlabTooFeR氏の言葉が真実ならば、HTC Perfumeは上記のスペックとは全く異なる端末に仕上げられている可能性も考えられそうです。

一方で端末の次世代フラッグシップモデルのデザインについては、最新の高性能ミッドレンジモデル「HTC One A9」と同系統のデザインを採用する予定であることが、先日公式に明言されています。

残念ながらその詳細については一切不明ではありますが、HTC One A9の発売を契機に復調の兆しを見せ始めた同社にとって(過去記事)、新型フラッグシップモデルの登場はさらなる追い風となり得る重要な一手となることを踏まえると、HTC Perfumeの完成度には期待しても良さそうです。

[Twitter via G for Games]

ソーシャルシェア

コメント投稿