「Surface Book / Pro 4」、想定下回る出荷台数に ―2016年は回復見込み

DigiTimesは7日(現地時間)、2015年第4四半期における「Surface Book」および「Surface Pro 4」の出荷台数が、当初の想定を下回る見込みと伝えています。

記事40.1

DigiTimesがサプライチェーン筋から入手した情報によると、両端末に採用されている米インテル製「Skylake」プロセッサの供給不足に加え、一部注文分の出荷が2016年第1四半期に延期されたことにより、今四半期における出荷台数は想定よりも少ないものとなる見込みとのことです。

なお、2016年第1四半期については、両端末の製造を担当する台湾Pegatron Technologyは生産歩留まりを改善しつつあるため、月間出荷台数でSurface Bookが10万台を突破し、Surface Pro 4については20万台に達する可能性があることを、サプライチェーン筋は指摘しています。

surface-pro-4

この件についてはマイクロソフトおよびPegatron Technologyともにコメントを差し控えています。今四半期の出荷台数は想定を下回ったと伝えられているものの、来年早々にも状況は改善する見通しとされており、そこまで深刻な状況ではないと言えそうです。

[DigiTimes via Phone Arena]

コメント投稿