ソフトバンク、「AQUOS Xx-Y / CRYSTAL Y2」をワイモバイルに投入

ソフトバンクは8日(日本時間)、シャープの新型スマートフォン「AQUOS Xx-Y」と「AQUOS CRYSTAL Y2」の2機種をワイモバイルより発売すると発表しました。

AQUOS Xx-Y

「AQUOS Xx-Y」アンバーブラック

ソフトバンクが発表したのは、昨年同社の夏モデルとして発表した端末のワイモバイルモデルとなるAQUOS Xx-Yと、AQUOS CRYSTAL Y2の2モデルです。ともにワイモバイルの新商品として発売されることになります。

AQUOS Xx-Y

AQUOS Xx-Y-color

AQUOS Xx-Yは、筐体にアルミメタルフレームを採用した5.7インチサイズのスマートフォンとなります。

AQUOS Xx-Yのスペックは以下の通り。

ディスプレイ5.7インチ フルHD(1920×1080)解像度
S-CG Silicon液晶(最大1677万色)
OSAndroid 5.0
SoCオクタコア(2.0GHz ×4 + 1.5GHz ×4)
Snapdragon 810(MSM8994)
メインカメラ約1310万画素 CMOS
サブカメラ約210万画素 CMOS
RAM3GB
ROM32GB
外部メモリーmicroSDXCカード(128GBまで対応)
バッテリー3000mAh
通信Wi-Fi:IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz、5GHz)
Bluetooth:Ver.4.1
カラーアンバーブラック
ホワイト
レッド
サイズ(W×H×T)
重さ
約 79×146×8.7 mm
約168g

AQUOS Xx-Yは、ディスプレイのバックライトに「S-PureLED」を採用しており、色再現力の向上と省電力化を実現しているとのこと。LTE通信時の連続待受時間は公称で410時間とされており、実使用においては3日間以上の駆動が可能であるとしています。

約1310万画素のメインカメラは、画質認証プログラム「GR certified」を取得しており、最大70倍のスーパースロー映像に対応し、光学式手ぶれ補正機能も搭載されています。

また、シャープ独自の音声アシスタント機能「エモパー」を搭載しており、利用シーンに合わせて音声や表示で感情豊かなメッセージを伝えてくれるとのことです。

AQUOS Xx-Yは、2016年1月15日にワイモバイルより発売されます。

AQUOS CRYSTAL Y2

AQUOS CRYSTAL Y2 color

AQUOS CRYSTAL Y2は、フレームレス構造が特徴的な5.2インチサイズのスマートフォンです。

主なスペックは、以下の通りです。

ディスプレイ5.2インチ HD(1280×720)解像度
S-CG Silicon液晶(最大1677万色)
OSAndroid 5.0
SoC1.2GHz クアッドコア
Snapdragon 400(MSM8926)
メインカメラ約800万画素 CMOS
サブカメラ約210万画素 CMOS
RAM2GB
ROM16GB
外部メモリーmicroSDXCカード(128GBまで対応)
バッテリー2030mAh
通信Wi-Fi:IEEE 802.11 b/g/n(2.4GHz)
Bluetooth:Ver.4.0
カラーターコイズ
ブラック
ホワイト
ピンク
サイズ(W×H×T)
重さ
約 71×136×11 mm
約153g

AQUOS CRYSTAL Y2のディスプレイにもAQUOS Xx-Yと同様に「S-PureLED」が採用されています。また、アプリケーションごとに最適な画質設定を自動で行う「おススメ画質モード」にも対応しています。

その他にも、3日間以上駆動が可能な省電力設計やエモパーの搭載などで、Xx-Yと同様となっています。

AQUOS CRYSTAL Y2の発売時期は、2016年2月上旬以降となっており、具体的な日にちは決まっていません。

[ソフトバンク]

コメント投稿