「Galaxy S7 edge」、ディスプレイは5.1インチに? ―AnTuTuベンチマーク上に手掛かり

Phone Arenaは11日(現地時間)、「Galaxy S7 edge」のスペックに関する興味深い情報が、新たにリークされたことを伝えています。

記事51.1

Phone Arenaによると、中国の人気マイクロブログWeibo上に、AnTuTuベンチマークのデータベースに登録されていたGalaxy S7 edgeと見られる端末「SM-G935A」のデータが、新たに公開されたとのことです。(※「Galaxy S6 edge」の型番は「SM-G925x」)

公開されたスクリーンショットには、この端末が5.1インチのWQHD(2560×1440)ディスプレイと「Snapdragon 820」に加え、4GBのRAMおよび64GBのストレージを搭載していることが明記されています。

最近の情報では「Galaxy S7 edgeには5.5インチディスプレイが採用される」ことが有力視されていただけに、新たな混乱が生じる形となりました。

記事51.2

流出した設計図を基に製作された「Galaxy S7」の3Dレンダリングモデル

一方で、メインカメラの画素数は1200万画素と、過去の情報(過去記事[1][2])と合致した情報も記されています。イメージセンサーについては、Galaxy S6シリーズに採用されているものよりも大型化されていることで間違いはなさそうです。

なお、Galaxy S7シリーズは2016年2月下旬に発表され、早ければ同月中、遅くとも翌月中には発売される見込みとされており、近日中にもより確定的な情報がリークされることに期待したいところです。

[Twitter via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿