[誤報]「iPhone 7」イヤホンジャック廃止のヒント、iOSコード内で見つかる

2016/1/21/ 21:34 訂正
初稿時、iOSのソースコード内に見つかった「Headphones.have.%sinput.NO.」という記述について、イヤホンジャックの廃止を示唆するものであるとお伝えしましたが、誤りであることが判明いたしました。 正しくは、端末に接続されたヘッドフォンなどの機器がマイクなどの入力機能を保持しているか否かに関する記述となります。
誤った情報をお伝えしてしまった上に訂正が遅れてしまい大変申し訳ありませんでした。
訂正してお詫び申し上げます。

「iOS 9.3 beta 1.1」のソースコードの中に、「iPhone 7」において3.5mmイヤホンジャックが廃止される可能性を示唆する記述が確認されました

今回とある開発者が自身のTwitterアカウントを通じて、iOS 9.3 beta 1.1のソースコード内に興味深い情報を発見したと報告しています。

発見された記述は “Headphones.have.%sinput.NO.” という短い一文ですが、将来のiPhoneシリーズにおいてイヤホン入力端子が廃止される可能性を示唆する内容となっています。 

先日には、iPhone 7において3.5mmイヤホンジャックの代替規格として新型のLightningポートが採用される可能性も指摘されていました(過去記事[1][2])。これまでには少ないながらもLightningコネクタを採用するイヤホンおよびヘッドフォンは発表されていますが、今回の情報によりイヤホンジャック廃止の信憑性が高まる形となりました

記事96.2

Lightningコネクタ採用「IC-Earphone」

なお、数日前には同じくソースコードの中に、将来のiOSデバイスがWi-Fi規格の後継規格と目される「Li-Fi」規格に対応する可能性を示唆する記述が発見されたことも報告されています。

残念ながら、Li-Fi規格への対応がiPhone 7世代で実現するとは考え難いですが、いずれ実現されれば理論上の最高通信速度は現行Wi-Fi通信比で100倍以上の高速化が達成される見通しです。

[Twitter via Phone Arena]

ソーシャルシェア

コメント投稿