「iPhone 7」はイヤホンジャック廃止、ワイヤレスチャージと防水機能を搭載へ

Fast Companyは7日(現地時間)、米アップルの次世代フラッグシップスマートフォン「iPhone 7」について、これまでの噂を肯定する詳細な情報を独自の情報筋より得たと伝えています。

iPhone-Lightning

Credit:Fast Company

Fast Companyによると、これまでの噂通り、iPhone 7では3.5mmイヤホンジャックが廃止され、その機能はLightningポートに集約されることになるとのことです。したがって、iPhone 7にイヤホンを繋いで音楽を聴きたいユーザーは、Lightningポートを使用しなければならなくなりそうです。

また、iPhone 7のオーディオシステムには、英ウォルフソン・マイクロエレクトロニクスのノイズキャンセリング技術が採用されることになるとも伝えています。この技術は、端末本体に加え接続するヘッドフォンやイヤホンにも有効となり、電話や音楽再生時などに周囲の雑音を除去するものになるとのことです。

この技術に対応したLightningポートと互換性のあるヘッドフォンやイヤホンは、複数のメーカーから開発される見込みとしており、各メーカーがライセンス使用料を支払う必要が生じるかもしれないとしています。

Lightningポートと互換性のあるイヤホンについては、これまでの情報の中でもその登場が伝えられており、一部では「EarPods」のようにiPhone 7にも専用イヤホンが付属されることになるだろうと伝えられていました。

しかし、Fast Companyが独自に得た情報によると、アップルは高価なモデルとして、ノイズキャンセリング機能とLightningコネクタに対応したBeatsブランドのイヤホンやヘッドフォンを、別売りで提供することになるだろうとしています。

アップルは、デバイスのシンプル化と小型化に拘っており、イヤホンジャックの廃止は、この考え方に沿うものと言えそうではあります。

Fast Companyに情報をもたらした人物の話では、アップルはiPhoneにワイヤレスチャージ機能を搭載することについても検討を重ねてきたといい、iPhone 7でついにワイヤレスチャージ機能が搭載されることになると伝えています。

また、これまで幾度とその情報が伝えられては裏切られ続けてきた防水機能についても、iPhone 7でようやく実現することになるとしています。この防水機能については、特別な化学物質を構成パーツにコーティングする技術が採用されるとのことです。

なお、情報筋はこれらワイヤレスチャージ機能や防水機能について、過去の技術の応用であるため、アップルはiPhone 7の量産が開始される数ヶ月前に取り組むことになるだろうと指摘しています。

イヤホンジャックの廃止については現実味を帯びてきたところではありますが、今回の情報ではワイヤレスチャージ機能や防水機能の採用についても伝えられました。イヤホンジャックの廃止やワイヤレスチャージ機能については、シンプルさを追求するアップルであれば実現してもおかしくないようにも思いますが、防水機能については懐疑的な見方をしてしまいます。

もともとiPhoneの防水性能が(実は)優れていることは、ユーザーの実験などにより判明していますが(例:参考動画)、毎年大量のiPhoneを出荷しているアップルが、わざわざ故障を増やすような使用をユーザーに推奨するようなことがあるのでしょうか。

今回伝えられている技術により、iPhone 7ではさらに防水性能が向上する可能性はありますが、これまで通り公に防水を謳うことはしないのかもしれません。イチiPhoneユーザーとしては、安心して使用するためにも是非防水宣言もして欲しいところではあります。

[Fast Company via 9TO5Mac]

ソーシャルシェア

著者

K.Onodera

K.Onodera

プロフィール画像は飼い猫。2013年1月20日よりGGSOKUに加わり、2015年8月から編集を兼任しています。興味のあるもの全てに首を突っ込んで守備範囲を広げていきます!

コメント投稿

Latest Posts