JDI、スマホ向け有機ELパネルの2018年量産を宣言 ―iPhoneにも採用か

ジャパンディスプレイ(JDI)は22日、有機ELパネルの量産を2018年に開始する方針であることを明らかにしました。

jdi-logo

JDIが有機ELパネルの研究開発を継続していることは以前から伝えられていましたが、今回公式に2018年の量産を目指していることが判明しました。

2018年といえば、米アップルがiPhoneに有機ELディスプレイを採用すると報じられている年で(過去記事)、先日には、アップルと韓国LGや同サムスンが同パネルの供給で最終合意に至ったとも伝えられていました(過去記事)。アップルがiPhoneに有機ELパネルを採用することになれば、これまでのスマートフォン向けディスプレイの主流が変わる可能性もあります。

現在、スマートフォン向けの有機ELパネルの量産はサムスンが得意としており、LGもテレビ向けパネルでの実績があります。また、台湾AUOも有機ELパネルの供給に向けた動きを見せており、アップルが設備投資を行ったとも報じられています(過去記事)。

JDIとしては、これら韓国勢や新興する中国・台湾勢に対抗したい考えがあるものと思われます。

JDIの筆頭株主である産業革新機構は、シャープに提示した再建案の中で、液晶事業を分社し、JDIに統合させる方針を示していると伝えられています(過去記事)。シャープについては独自に有機ELパネルの研究開発を進めていると伝えられており、統合されれば生産設備などが増強され、供給先に対する存在感を増すことができそうです。

有機ELパネルは、バックライトを必要としないため薄型化することができ、折り曲げるなどの加工もしやすくなる一方で、歩留りが悪くコストが高くなってしまうことがデメリットとして挙げられます。国産パネルメーカーの結集であるJDIは、薄膜トランジスタ技術の高さで有機ELパネルに自信を滲ませており、ライバルたちと争う姿勢を見せています。

[ロイター]

ソーシャルシェア

著者

K.Onodera

K.Onodera

プロフィール画像は飼い猫。2013年1月20日よりGGSOKUに加わり、2015年8月から編集を兼任しています。興味のあるもの全てに首を突っ込んで守備範囲を広げていきます!

コメント投稿